コロナウイルスについて|千葉県八千代市の動物病院|エム動物病院

0474587557

診療時間 : 9:00~12:00 / 16:00~19:00
(受付は30分前まで)
休診日:水曜/日曜/祝日

新着情報

コロナウイルスについて

ブログ 

WSAVA(World Small Animal Veterinary Association:世界小動物獣医師会)からコロナウイルスについて見解が出ましたがそれを元に私からの言葉も付け加え下記に紹介いたします。

 

コロナウイルスとはウイルスのグループの中ではコロナウイルス科に属しています。そしてコロナウイルスには幾つかタイプがあり、アルファおよびベータに区分されるコロナウイルスは通常哺乳類に感染します。またガンマおよびデルタに区分されるコロナウイルスは通常鳥類や魚類に感染します。

犬で昔から知られておりますが軽度の下痢を起こす犬コロナウイルス(6種以上の混合ワクチンで予防可能)と、猫伝染性腹膜炎(FIP)の原因となりうる猫コロナウイルス、これはいずれもアルファコロナウイルス属です。

そしてこれらのコロナウイルスは今回のCOVID-19の発生には関係がありません。

ヒトのほうでベータコロナウイルスに属するSARS-Cov-2が発見されるまでは、6種類のコロナウイルスしか人に感染し呼吸器症状を引き起こすことが知られておりませんでした。この中にはSARS(サーズ:重症急性呼吸器症候群)コロナウイルス(2002年~2003年に同定)や中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス(2012年に同定)が含まれます。SARS-Cov-2はSARSやMERSに遺伝的に近く、これらはコウモリ由来のベータコロナウイルスです。

今、世界を席捲しているコロナウイルスCOVID-19がSARSやMERSと同じような動きを示すかどうかは分かりません。ただしこれらの2種類のコロナウイルスから得られた教訓は役立つだろう。

直近数週間でウイルスの病因論、感染したウイルスの分離、診断方法の開発など様々な進展が見られました。しかし、未だに疑問のまま答えが見つからないことも多いです。

 

以上の事から、犬ではアルファ型のコロナウイルスが重要視されており、現在ヒトで感染拡大しているベータ型のコロナウイルスは恐らく犬には感染しないのでは?というのが憶測です。数週間前に香港で犬にも弱陽性が出たとの報道がありましたが、これは犬の顔面に既にコロナウイルスに感染していた飼主の唾液もしくは鼻汁が付着したのではないかと疑われております。その犬は何ら感染症を疑う症状を発しておりませんので感染は不明です。

実際今回のコロナウイルスCOVID-19が犬にも感染するのであれば既に全世界で犬にも大発生しているはずですから。

 

個人的見解を付け加えましたが、ウイルスは変異することが知られておりますので今後人類や動物に更なる影響を与えないことを祈るばかりです。

ページトップへ戻る