避妊・去勢|千葉県八千代市の動物病院|エム動物病院

0474587557

診療時間 : 9:00~12:00 / 16:00~19:00
(受付は30分前まで)
休診日:水曜/日曜/祝日

避妊・去勢

一生の予防につながる「避妊・去勢」手術

ペットが高齢になったときに罹りやすい病気としては、メスの場合は子宮や卵巣のトラブル、乳腺腫瘍などがあり、オスの場合は前立腺のトラブルが挙げられます。
これらの病気は、若いうちに避妊や去勢手術を受けることで、ある程度発症を予防できます。術後は性格が穏やかになる傾向があり、動きも以前ほど活発ではなくなるため、怪我のリスクが下がる、発情期のストレスから解放されるといったメリットがあります。
当院では、繁殖の予定がないワンちゃんやネコちゃんには避妊・去勢手術をおすすめしております。

避妊手術(女の子)のメリット

<メリット>
  • 犬の場合望まない妊娠を予防できる
  • 乳腺腫瘍の発生率を抑える
  • 卵巣や子宮の病気(卵巣腫瘍や子宮蓄膿症など)の予防に役立つ
    ※犬の場合、初めての発情期が来る前に避妊手術を行うと乳腺腫瘍の発生率は0.05%に抑えられますが、2回目の発情期が来る前の手術になると発生率は8%になります。

去勢手術(男の子)のメリット

<メリット>
  • 雄性ホルモンの関与が疑われる前立腺肥大や、肛門周囲の腫瘍、会陰ヘルニアなどの予防につながる。
  • 陰嚢内に精巣が下りていない場合、精巣腫瘍になる可能性が高いが、その予防に効果的。
  • 犬のマーキング行動や猫のスプレー行動、攻撃性など、学習による問題行動の習慣化を未然に防ぐ効果がある。
  • 攻撃性が弱まるので、ケンカによる怪我のリスクが下がる。

避妊・去勢手術に適した時期

当院では、生後6ヶ月になる前の時期に手術を推奨しております。
手術を受けるにあたっては、ワクチン接種が必要になります。その他にもいくつか条件がございますので、できるだけお早めにご相談ください。
また、手術は完全予約制となります。手術をご希望される方は、来院時もしくはお電話でその旨をお伝えください。予約をお取りいたします。手術料金や手術を受けるにあたっての注意事項(来院時間や食事管理等)も詳しくご説明します。

ページトップへ戻る